【1歳おすすめ絵本】やさいさん【現役保育士厳選】

【おすすめ絵本徹底レビュー】やさいさん

目次

作品紹介 

作:tupera tupera   

出版社:学研

発行日:2010/7

値段:1045円

大きさ・ページ数:17.5×17.5cm・38P


絵本ナビなら中面をチラ見できます

まるわかりQ&A

「やさいさん」を一言で表すと?

仕掛けをめくりたくなる野菜が好きになる絵本!

何系の絵本?

食べ物・仕掛け系!

ずばり何歳向け?

1歳児向け!

どんな人は買い?

子どもが自分で楽しめる野菜に関する絵本を探している人!

あらすじ・内容

8種類のちょっと不気味だけど可愛いやさいさんが登場します!

 「やさいさん やさいさん だあれ」のお決まりのフレーズからやさいさんが土から出てきます。

 ちょこっと上だけ土から出ている葉の部分。自然と抜きたくなってしまいます。

 しかけをめくると「すっぽーん!」と野菜が抜けて気持ちいです!

 まれに動物もいるので、抜くときは気を付けてくださいね。

 ちょっと野菜が好きになれる絵本です。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 野菜が出てくる絵本を探している
  2. 乳児向けの仕掛けがある絵本を探している   

目的・ねらい

  1. 野菜の名前と形を知る
  2. 読み手と仕掛けを楽しみながら絵本を読む

目的1 

野菜の名前とその形・外見を知り、名前とイメージを一致させることができるでしょう。

 人参・ごぼう・じゃがいも・かぶ・さといも・たまねぎ・さつまいも・大根の8つの野菜が出てきます。

 中には子どもにとってあまり馴染みのないものもありますが、どれも身近にある食べ物です。

 普段の食卓・給食の時にこの絵本に描かれているものが出てくると嬉しくなるものです。

 野菜を覚えるだけでなく、野菜に対して前向きなイメージを持つことや興味を持つことにも繋がるでしょう。

目的2  

仕掛けもほぼマイページあって、聞き手を飽きさせません。

 実際に野菜を抜くようにめくる形の仕掛けがあります。

 子どもにとって仕掛けはとても魅力的で、それがあるだけでも集中の度合いが違います。

 また、仕掛けを一緒にめくることで、一緒に野菜を抜いている感覚を味わうことができるでしょう。

 読み手と聞き手で一体感を感じて絵本を楽しむことができる、素晴らしい体験ができます。

チェックポイント

対象年齢

0~2歳児の乳児がおすすめです。

 繰り返しの文、シンプルだけど分かりやすい仕掛け、絵本の長さなどを考えると乳児にピッタリです。

 1歳にもなると何度か読んでいるうちに何の野菜か覚えてくるので、クイズのような楽しみ方もできます。

時期・季節・行事

食材に興味を持ち始めた頃がいいでしょう。

 自分で進んで食べる姿が見られたり、好きなものや嫌いなものの判別がつくような様子が見られたら「やさいさん」の出番です。

 子どもにとっては強敵の野菜ではありますが、「やさいさん」を読むことで、野菜に対してプラスのイメージを持つことが期待されます。

 野菜も季節感で揃えられているわけではないですし、行事感もないので一年を通して読むことができます。

 

読むときのポイント

  1. 仕掛けを存分に生かして、ワクワクを感じさせながら読みましょう 
  2. 野菜についても深掘りしてみましょう

ポイント1  

仕掛けのめくり方にも気を配ってみましょう。

 仕掛けをただめくるだけでも子どもは意識を向けますが、やり方次第でより目を向けるようになります。

 例えば、ゆっくりめくってもったいぶらせるようにめくったり、素早くめくってそのスピードを面白いと感じられるようにしたり…。

 工夫の仕方は様々です。自分の経験や知識を生かしてどのようにやったら子どもの反応がいいのかを試しながら読んでみてください。

ポイント2

描かれている野菜についても触れ、興味が持てるように工夫しましょう。

 何度か読んだら子どもも絵本の内容を覚えてきます。

 そうしたらそれぞれの野菜に触れて、味や色、形などにも触れてみましょう。

 文に載っていないことを話すのは、絵本の読み方としては適切ではないかもしれませんが、私はよく1つ1つの野菜に触れ、時間を掛けながら読んでいました。

 そうすることでそれぞれの野菜に対する知識も付きますし、自然と興味を持てるからです。

 絵本の途中に言葉を挟むことに抵抗がない方は、是非やってみてください。

まとめ・Ryuの感想

乳児期の仕掛け絵本の定番!野菜嫌いな子でも楽しめます。

 シンプルかつ面白い、そんな絵本の大切な様子が詰まっている絵本です。

 子どもにとって嫌いな場合が多い野菜はあまりイメージの良いものではないことがあります。

 そんな子にとってもこの絵本を読むことで、野菜に楽しいイメージ・前向きなイメージを持つことができるでしょう。

 また、興味を持つということに関しては、実際にこの本を読んだ後に1歳児の子がお給食中に「にんじん!」と、発見したことを嬉しそうに教えてくれました。

 結局人参が嫌いで食べませんでしたが…。

 しかし、人参を見つけて喜んだという事実が大切で、少しでも嫌いなものに良いイメージを持たせることができているのだと感じました。

 野菜を知るため、また、単純に仕掛けを楽しんで絵本を好きになるきっかけにもなる作品だと思います。


Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次