【身近な人と触れ合える】だるまさんと【現役保育士がレビュー】

【0,1歳児おすすめ絵本】だるまさんと【ねらい・読み聞かせのポイント教えます】

Ryu

「だるまさんと」は私が”身近な人と触れ合う良さを感じて欲しい””言葉のリズムに合わせて体を動かす楽しさを知って欲しい”というねらい・想いを持って読むことが多い一冊です。
保育士歴10年以上のRyuが日本一詳しいレビューをお届けします。

目次

作品紹介 

かがくい ひろし
出版社 ブロンズ新社
発行日2009/1
値段¥935
大きさ・ページ数17.5×17.5cm・24P

「だるまさんと」はこんな絵本!

「だるまさんと」ってどんな内容の絵本?

 そんな疑問にお答えするために「だるまさんと」を簡単にまとめてみました。

  1. 累計740万部を超えるだるまさんシリーズの第三作目。
  2. 身近な人と触れ合いながら楽しめる。
  3. 言葉に合わせて体を動かす事が楽しめる。

まるわかりQ&A

「だるまさんと」を一言で表すと?

周りの人と触れ合いながら楽しめる絵本

子どもの反応は?

近くにいる友だちや大人と触れ合いながら楽しむ!

「だるまさんと」を読んで得られる事は?

身近な人と触れ合う良さが分かる!

リズムに合わせて体を動かす楽しさを感じられる!

ずばり何歳向け?

1歳児向け!

どんな人は買い?

体を動かしたり、周りの人と触れ合うことを楽しめる絵本を探している人!

絵本ナビなら中面をチラ見できます!レビューもチェック!

楽天ブックス
¥935 (2022/08/21 23:04時点 | 楽天市場調べ)

あらすじ・ストーリー・内容

だるまさんシリーズの第3弾!今回はだるまさんの友達が登場します。

 これまでのシリーズでは、だるまさんのみが登場しましたが、今回はいちごさん、ばななさん、めろんさんの三人が登場!

 だるまさんが」「だるまさんと」では、だるまさんだけの行動や部位に焦点が当てられていましたが、今回は友達と一緒に楽しむことに焦点が当てられています。

 「い・ち・ご・さ・ん・と」といったリズムは変わらず継承されていて、その後にお辞儀をし合ったり、抱き合ったりと色々な動作を楽しめるようになっています。

 これまでのだるまさんシリーズを楽しんだ子には是非一読してほしい絵本です。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 友達との触れ合いを楽しめる絵本を探している 
  2. これまでのだるまさんシリーズを購入している

絵本比較!あなたに合った絵本を探そう!

「だるまさんと」は探している絵本とは違った…。そんなあなたにはこちらをおすすめ!

言葉に合わせて体を動かしたくなる「おしくら・まんじゅう」

 「おしくら○○おされて ぎゅー」という言葉が繰り返し使われ、言葉の響きが楽しい絵本。覚えやすい言葉、一定の流れがあるので内容を覚えやすく、何回か読めば子どもも一緒に読むことができます。

 思わず近くの人とおしくらまんじゅうしてしまう一冊です。

歌と共に体を動かせる「しあわせならてをたたこう」

 「幸せなら手を叩こう♪」という有名なフレーズだけでなく、「幸せならてをふろう」などの言葉と共に動物たちの絵と仕掛けがあり、動かしながら楽しむ事ができます。

 歌に興味がない子も歌に関心を持つきっかけになる一冊です。

目的・ねらい

  1. 絵本を通して友達との触れ合いを楽しむ
  2. 体を動かしながら絵本そのものを楽しいと感じる

目的・ねらい1 

自然と友達と触れ合いたくなってしまいます。

 「ばななさんと…ぽにん」という場面では、だるまさんとばななさんがおしりをくっつけている絵が描かれています。そんな絵を見ると子どもは自然と近くにいる人とおしりをくっつけたくなるものです。

 また、めろんさんとは抱き合ったりと、読んでいる中で「人との関わり」が自然と生まれます。

言葉や表面上だけでなく、実際に触れあってみて分かることもたくさんあるでしょう。

 そんな貴重な体験を楽しく、自然とできてしまうように構成されています。

目的・ねらい2  

シリーズ恒例!体を動かしながら楽しめます。

 これまでのシリーズ同様に「ば・な・な・さ・ん・と」という場面では、ばななさんと同じ動きをして、聞き手も体を動かしながら楽しむことができます。

 ただ聞いているだけと、聞きながら体をキャラクターに合わせて動かすのでは、後者の方が断然面白いと感じるはずです。

 対象年齢的にも絵本自体を楽しいと感じることが大切な時期であるので、目的の1つとして設定してもいいでしょう。

楽天ブックス
¥935 (2022/08/21 23:04時点 | 楽天市場調べ)

チェックポイント

現場で毎日読み聞かせを行う現役保育士が、実際に何度も読み聞かせをしたことで分かった大切なポイントを見ていきましょう。

年齢乳児期、特に1歳児
季節一年中
行事関係なく楽しめる

対象年齢

1歳児がおすすめです。

 0歳でも十分に楽しむことができると思いますが、おしりをくっつける、抱き合うという動作を安全に行えるようになるのは1歳児頃からになるので、この年齢がいいでしょう。

 また、”他者”という存在をそれとなく理解できるのも1歳児頃からになるので、一緒に何かを行うことに焦点が当てられているこの絵本はぴったりだと思います。

時期・季節・行事

喧嘩などが友達と起こるようになった時期がいいでしょう。

 喧嘩は他人がいて初めてできるものです。つまり、喧嘩ができるということは他人の存在を理解できているということ。

 他人との関わりが意識されているので、上記のような姿が見られるようになった時がいいと思います。

 季節に関する描写や言葉は一切ないので一年中楽しめます。また、行事としても特に関連するものはありません。

読み聞かせのポイント

  1. 読み手も体を動かして読みましょう 
  2. 聞き手が自由に動くことができる雰囲気を作りましょう

ポイント1  

読み手が動くことで、聞き手も動きやすくなります。

 読み手が動くことで聞き手もどのように動くと楽しいのかを考えるようになります。

 これまでのシリーズと同様に「め・ろ・ん・さ・ん・と」の部分は横に揺れたり、「ぎゅっ」の場面では実際に聞き手に抱き着くといいでしょう。

 そうすることで、聞き手も自然と横に揺れたり、近くの友達と抱きしめ合ったりすることが予想されます。

 絵本だけでなく、実際の動作を見せることで、視覚的により分かりやすくなるでしょう。

ポイント2

読み聞かせは雰囲気作りから始まっています!

 「だるまさんと」に限らず絵本を読む上で雰囲気作りってとても大切だと思います。

 楽しい絵本は明るい雰囲気、怖い絵本は暗い雰囲気などなど、声質や絵本を読む前の導入でいくらでも雰囲気は作ることができます。

 「だるまさんと」は読み聞かせ中に一緒に動いてほしい本なので、動いても良いような穏やかで明るい雰囲気作りをしてみましょう。

 読み聞かせ中に動いてはいけないというルールもあるかもしれませんが、そんなのは絵本によっては動いた方がいいものもあるし、そうでないものもあると思うのです。

 絵本を読む前に「みんなも動いてね」と一声掛けるだけでも楽しい雰囲気になるでしょう。

まとめ・Ryuの感想

だるまさんシリーズの完結にふさわしい絵本です。

 人気作品であるだるまさんシリーズの3作目。

 1作目である「だるまさんが」は、”個人の行動”が描かれています。

 2作目の「だるまさんの」は、”個人の部位”

 今作は”他者との関わり”

 こうして考えるとしっかり成長の段階に沿ってシリーズが形成されていることが分かりますし、個人から他者へと関心を以降させようという作者の意図が感じ取れます。

 実際に子どもに読んでいるときも、作者の意図に沿った形で、子どもたちが実際に体で触れ合っていました。

 3作とも子どもにとても人気で乳児には必ず読み聞かせたい本だと思います。

楽天ブックス
¥935 (2022/08/21 23:04時点 | 楽天市場調べ)


Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次