【仕掛けと歌が楽しめる】うたえほん しあわせならてをたたこう【現役保育士がレビュー】

【1,2歳児おすすめ絵本】しあわせならてをたたこう【ねらい・読み聞かせのポイント教えます】

Ryu

「しあわせならてをたたこう」は私が”有名な歌を知って楽しんで欲しい””歌に合わせて体を動かす楽しさを感じて欲しい”というねらい・想いを持って読むことが多い一冊です。
保育士歴10年以上のRyuが日本一詳しいレビューをお届けします。

目次

作品紹介 

作・絵デビッド・A・カーター
きたむら まさお
出版社大日本絵画
発行日2003年
値段¥1540
大きさ・ページ数24.3×18.9cm/14P

「しあわせならてをたたこう」はこんな絵本!

「しあわせならてをたたこう」ってどんな内容の絵本?

 そんな疑問にお答えするために「しあわせならてをたたこう」を簡単にまとめてみました。

  1. 世界中で唄われている曲の歌絵本。
  2. 歌と共に仕掛けが楽しめる仕掛けつき。
  3. 少し変わった歌詞で笑いながら楽しめる。

まるわかりQ&A

「しあわせならてをたたこう」を一言で表すと?

有名な歌を仕掛けを楽しみながら唄える絵本!

子どもの反応は?

歌に合わせて体を動かす!

「しあわせならてをたたこう」を読んで得られる事は?

有名な曲を知る事が出来る!

リズムに合わせて体を動かす楽しさを知れる!

ずばり何歳向け?

2歳児向け!

どんな人は買い?

歌に関する絵本を探している人全員!

絵本ナビなら中面をチラ見できます!レビューもチェック!

あらすじ・ストーリー・内容

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: storytelling-g105b95c04_1280-1024x576.jpg

世界中の誰もが一度は歌ったことがあるであろう有名な曲の歌絵本です。

 そんな名曲を絵本として表現することで、また違った面白さ、楽しみ方を見つけられる作品になっています。

 また、ただ歌詞と絵が描かれているだけでなく、仕掛けもあるので、子どもが楽しめること間違いなしです。

 ”しあわせならおしりふろう”といったこの本独自の歌詞もあり、可愛い動物と共に有名な曲に慣れ親しむことができる工夫がされている一冊です。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 有名な歌の絵本を探している 
  2. 仕掛けがある絵本を探している

絵本比較!あなたに合った絵本を探そう!

「うたえほん しあわせならてをたたこう」は探している絵本とは違った…。そんなあなたにはこちらをおすすめ!

食事・給食前に読みたい歌絵本「おべんとうばこのうた」

 これくらいのおべんとうばこに…♪日本人なら誰しもが聞いたことのある歌が楽しめる絵本です。1つ1つの食材が丁寧に描かれ、どのような見た目をしているのかを理解しながら歌を楽しむ事ができます。

 手遊びも一緒に楽しみたい一冊です。

教養としても知っておきたい名曲の絵本「てのひらをたいように」

 アンパンマンの作者であるやなせたかしさんが作詞をし、絵も担当している歌絵本。生き物の表情がイキイキと描かれており、明るい気持ちで唄う事ができます。

 視覚でも楽しめる一冊です。

目的・ねらい

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5173659_s.jpg
  1. しかけを楽しみながら歌に親しむ。
  2. 自分なりの歌詞を考えて、想像力を膨らませる。

目的・ねらい1 

歌を楽しむこと。それが一番大切です。

 乳幼児期に歌の楽しさを知ることで表現の幅がぐっと広がります。

 歌にまだ興味がない子どもには、まずは仕掛けだけ楽しむことを目的にしてもいいでしょう。

 仕掛けに興味を持ったら、読み手が歌を添えてあげると歌も自然と覚えていくことが予想されます。

目的・ねらい2 

歌の楽しみ方は人それぞれです。

 本来の歌詞にはない、この本独自の歌詞があるので、4,5歳にもなると自分で替え歌などを考えて歌うこともできるようになるでしょう。

 そういった歌の楽しみ方にも気づかせてくれると思います。

チェックポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: checklist-g135fa5617_1280-1024x681.jpg

現場で毎日読み聞かせを行う現役保育士が、実際に何度も読み聞かせをしたことで分かった大切なポイントを見ていきましょう。

年齢全年齢、特に1歳児
季節一年中
行事関係なく楽しめる

対象年齢

全年齢!強いて言うなら1歳児!

 仕掛け自体は0~2歳の子でも楽しむことができると思いますし、歌自体も1歳児であれば何となく覚えて歌うことができます。

幼児期であっても楽しむ事はできますが、私が読んだ中で一番反応があった1歳児をおすすめします。

時期・季節・行事

ある程度歌詞を覚えて唄えるようになった頃がいいでしょう。

 歌詞を覚えることができるようになると、歌の楽しみがまた一段と広がります。

 季節や行事感はないので、いつ読んでも大丈夫です。

 もちろん曲にもよりますが、歌絵本はいつ読んでも楽しむことができます。日々のお歌や園生活では朝のお歌などにしてもいいでしょう。

読むときのポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 22304800_s.jpg
  1. 楽しく、幸せそうな雰囲気で読みましょう 
  2. 仕掛けを子どもに触らせてみましょう

ポイント1 

うたえほんは特に読み手の気持ちが現れます。

 読み手が暗い気持ちだと不思議と子どもたちは感じ取ります。

 せっかくの楽しいお歌が暗い気持ちだと、歌=暗い、というイメージに繋がりかねません。

 歌っているときだけでもいいので、子どもと一緒に楽しんで、明るい雰囲気作りをしてみましょう。

ポイント2

能動的に絵本を楽しませるように工夫しましょう。

 始めは仕掛けも大人が動かしていいと思います。ですが、必ずと言っていいほど「触りたい」と子どもは言うでしょう。

 そこで子どもの気持ちを拒否してしまうことがないようにしてください。

 壊してしまうかもしれないという気持ちも十分わかりますが、”強く動かさない”などの約束事を事前に決めることで、約束を守る大切さ、誤って壊してしまったときの気持ちなども体験することができるいい機会になるかと思います。

まとめ・Ryuの感想

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4298787_s-1.jpg

うたえほんの中では仕掛けも豊富で、子どもが楽しめる要素がいっぱい詰まっています。

 何といっても、うたえほんのジャンルの中でも珍しい仕掛けが多く使われている点が個人的にはおすすめできる点です。

 歌の本なので本来は歌に集中させたいところですが、本書はまた違った楽しみを提供してくれます。

 もう1冊”しあわせならてをたたこう”のうたえほんがあるのですが、そちらはより低年齢児におすすめの一冊となっていて、今回紹介する本は既に歌を知っている子どもに対して読むとより楽しみが広がるでしょう。

 ピアノは弾けないけど、歌の楽しさを伝えたい、有名な曲を教養として知ってほしい、といった願いを面白く、可愛く叶えてくれる1冊となっています。

Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次