【3歳,4歳おすすめ絵本】まいごのたまご【現役保育士厳選】

【おすすめ絵本徹底レビュー】まいごのたまご

目次

作品紹介 

作:アレックス・ラティマー

訳:聞かせ屋。けいたろう   

出版社: KADOKAWA

発行日:2018/6

値段:¥1540

大きさ・ページ数:23×27cm・32P

絵本ナビなら中面をチラ見できます

まるわかりQ&A

「まいごのたまご」を一言で表すと?

想像しながらクイズ感覚で楽しめる恐竜いっぱいの絵本!

何系の絵本?

想像・恐竜系!

ずばり何歳向け?

3歳児向け!

どんな人は買い?

楽しみながら想像力を豊かにできる絵本を探している人!

あらすじ・内容

むかしむかしのおおむかし。たまごが山から落ちてきて、恐竜の大捜索が始まります。

 落ちてきた卵の親は誰なのか。

 ブラキオサウルス、トリケラトプス、ティラノサウルス…。

 色々な恐竜の特徴を見ながら親を探します。

 卵の中身は何なのか。親は見つかるのか。

 ドキドキしながら楽しめる恐竜いっぱいの絵本です。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 想像力を養える絵本を探している 
  2. 恐竜に関する絵本を探している

目的

  1. 想像力を豊かにし、考えようとする。
  2. 恐竜の存在を知り、興味を持つ。

目的1 

誰の卵なのか、聞いている中で自然と考えることができます。

 誰の卵なのか考えられるような構成になっているので、聞いている中で想像力が磨かれたり、思考力が育まれます。

 いくつか恐竜が出てくるのですが、その中で「くびは みじかい」「おやま みたいな とさかはない。とんがり とさかは あるけれど」といったヒントが出てきます。

 そうしたヒントをつなぎ合わせることで答えの恐竜を考えられるようになっているので、楽しみながら考えることができます。

目的2  

恐竜という子どもとは切っても切り離せない不思議な存在に触れることができます。

 子どもって恐竜が大好きですよね。

 特に男の子が多いですが、女の子であっても恐竜の存在は知っていますし、ごっこ遊びなどもよくします。

 そんな切っても切り離せない恐竜のことをより深く知るきっかけを与えてくれます。

 恐竜の可愛らしく描かれているので、怖い思いをせず触れることができますし、登場する恐竜も有名な6種類のみなので、子どもが覚えるのに丁度いい量になっています。

 恐竜の存在をまだあまり知らない子に読むことで、興味を持つきっかけを作ることができるでしょう。

チェックポイント

対象年齢

3歳児以降がおすすめです。

 恐竜を認識し、関心を持ち始める年齢ということと、絵本の文の長さなどを考えると3歳児以降がいいでしょう。

 ただ、内容は難しくなく、考えながら見ることができ、飽きがこないので2歳児でも十分に楽しむことができると思います。

時期・季節・行事

論理的に物事を考えられるようになった頃がいいでしょう。

 作中の「ツンツンはありません」「くちには はがない。ながいくちばしはある」といった言葉からどのようなものかを推測する楽しさがあるので、ある程度物事を論理的に考えられると、より楽しめるでしょう。

 季節感は特にないので、季節関係なく読むことができます。

 行事とも関連性はありませんが、恐竜も多く登場するので、興味を持ったら発表会の劇などにしても面白いかもしれません。

読むときのポイント

  1. それぞれのキャラクターになりきって演じましょう 
  2. 考える間を意識して読みましょう。

ポイント1  

恐竜毎に声を変えて読むといいでしょう。

 恐竜が入れ替わりに出てくるので、どの恐竜が話しているのかをより分かりやすくするために声色を変えたり、感情を込めるように読むと聞き手も分かりやすくなります。

 特に卵は弱々しく読むことで、独りぼっちの寂しさを演出することができるでしょう。

 大げさでなくても大丈夫なので、気持ち程度で声を変えるだけでも大分印象が変わります。

ポイント2

すぐにページをめくらないことで”間”を作りましょう。

 例えば「とんがりとさかは、あるけれど」と読んだ後すぐに次のページをめくってしまうと、聞き手がどんな恐竜が卵に入っているのかを考える余地がなくなってしまいます。

 そこで、「とんがりとさかは…あるけれどー……」といった具合に語尾に余白を作って読むことを意識してみましょう。

 そのちょっとした間で、どのような恐竜が入っているのかを想像することができます。

 時間としては2秒程度なので、本当に気持ちですが、その間があることで子どもの集中の仕方が変わってきますので、是非やってみましょう。

まとめ・Ryuの感想

なぞなぞやパズルを解いているような感覚を楽しめる絵本です。

 「まいごのたまご」の楽しさは、恐竜の言葉をヒントに卵の中を想像することにあると考えています。

 それは、なぞなぞやパズルと同じような感覚で「首が長くないなら、これかな?」「くちばしがあるなら、あれかな?」といった思考する楽しさを味わうことができます。

 また、答えが分かった時の気持ちよさは、勉強する楽しさにも通ずるところがあると思います。

 考えた末に答えを導きだす。そのようなことがこの絵本でも楽しむことができるのです。

 私は初めて読んだのは3歳児クラスでしたが、みんな自分の頭で想像してどんどん自分の考えたものを答えていました。

 「かえる!」「ぞうさん!」といった答えも出たりで、子どもと笑い合いながら読んでいたことを思い出します。

 聞き手も読み手も楽しむことができ、想像力も養える、また、家族の大切さも考えられる一冊になっています。


Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次