【唄いながら色に親しみを持てる】どんないろがすき【現役保育士がレビュー】

【1歳おすすめ絵本徹底レビュー】どんないろがすき【ねらい・読み聞かせのポイント教えます】

目次

作品紹介 

作:100%ORANGE   

出版社:フレーベル館

発行日:2016/4

値段:770円

大きさ・ページ数:18×16cm・20P

絵本ナビなら中面をチラ見できます

まるわかりQ&A

「どんないろがすき」を一言で表すと?

歌いながら色が覚えられる歌絵本!

何系の絵本?

歌・色系!

ずばり何歳向け?

1歳児向け!

どんな人は買い?

歌を楽しみながら色が覚えられる絵本を探している人!

あらすじ・内容

唄いながら色に触れられる一石二鳥の絵本です。

 「どんないろがすき?」のフレーズから、赤・青・黄・緑の色をリズムに合わせて見ることができます。

 お歌もとってもシンプルで乳児でもすぐに覚えて唄えるようになっています。

 また、赤ならリンゴ・てんとう虫、青はイルカ・魚など、それぞれの色のモノも多く描かれているので、色の名前だけでなく、それぞれの色とそれに関連するモノも楽しみながら覚えることができる絵本になっています。

 唄い出したら止まらないリピート必至の絵本です。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 子どもに色について興味を持ってほしいと思っている 
  2. 大人と子どもで一緒に唄える絵本を探している

目的・ねらい

  1. 身の回りの色に気付き、色に関心を持つ
  2. 唄うことを楽しみ、読み手とその楽しさを共有する

目的1 

生活の中での身近な色に気付くことができるようになるでしょう。

 色という存在を知らないと身の回りの色にも中々意識が向かないものです。

 この絵本を通じて色の存在を伝えることで、普段何気なく目にしている色に気付いて、関心を持つことができるようになります。

 また、絵本を見ながら色を確認することで、見ている色とその名前も一致させることもできるようになることが予想されます。

 視覚と聴覚を使って色が確認できる歌絵本のメリットですね。

目的2  

唄うことの楽しさを感じる。これが大前提となります。

 唄うことを楽しむことができなければ折角の歌絵本も台無しです。

 成長していく中で、羞恥心や失敗を恐れる怖さを感じ、歌が嫌いになってしまうケースもありますが、子どもは本来唄うことが大好きです。

 歌に対してのプラスのイメージが持てるようにまずは、読み手と唄うことを楽しんで、その楽しさを共有することが大切になります。

 身近な大人と楽しさを共有することで「歌って楽しいものなんだ」「唄うと気持ち良い」といった肯定的な感情が生まれてくるでしょう。

 色を覚えることも大切ですが、まずは歌自体を楽しむことが一番です。

チェックポイント

対象年齢

1,2歳がおすすめです。

 4番までありますが、歌詞は殆ど一緒でとても覚えやすいお歌です。

 色に興味を持つのもこの年齢ぐらいが予想されるので、1,2歳がいいでしょう。

時期・季節・行事

身の回りのものの名前を覚え始めたときがいいでしょう。

 例えば「わんわん」という言葉を言うようになったときには、大人が「茶色のわんわんだね」というように色に関しても付け加えるようにして、色という存在を日頃から伝えるようにしましょう。

 そして、この絵本を読むことで、色についての知識が深まっていきます。

 季節感・行事感は特にありませんので、子どもの成長に合わせて読んでみましょう。

読むときのポイント

  1. 絵本に出てくる色を指差ししながら読みましょう 
  2. 元気に明るく、子どもと一緒に唄いましょう

ポイント1  

視覚からの情報と聴覚からの情報が一致するように読みましょう。

 唄っているときに絵本に出てくるモノに指を差しながら読むことで「リンゴは赤なんだ」「黄色はこの色なんだ」ということがより意識できるようになります。

 歌を止めてまでそれぞれのモノに意識を向けさせる必要はなく、さりげなく指を差すだけでそちらに意識が向くので、唄いながらそっとやってみましょう。

ポイント2

歌は楽しいもの、というイメージを作りましょう。

 曲によっては悲しい歌もありますが、乳幼児期に唄う歌は明るい歌が殆どです。

 歌=楽しいもの、というイメージを作れるように明るく読むと、この曲だけでなく、歌そのものを好きになっていくでしょう。

 また、読み手だけが唄うのではなく、聞き手も一緒に唄えるような雰囲気づくりをした上で読むことで、聞き手も自然と唄い出すことができるようになります。

 一緒に唄う楽しさをこの絵本を通じて伝えられるといいですね。

 

まとめ・Ryuの感想

子どもと一緒に楽しみながら歌える、子どもにも大人気な一冊です。

 保育の業界では有名なこの曲ですが、恥ずかしながら私は6年目まで知りませんでした。

 「どんないろがすき」に出会ってからは毎年何十回も歌っている曲です。

 曲調も明るくて子どもと一緒に歌えますし、色にいても考えることができる。素晴らしい歌です!

 そんな歌の絵本があると知った時は、即決で購入しました。

 1歳児クラスの子に一番読んでいて、1歳の子でもすぐに覚えられるシンプルな曲調もいいんですよね。

 「どんないろがすき」では、4色だけ登場していますが、他の色が加わった長いバージョンもあるので、Youtubeなどでチェックすると多くの歌がでてきますよ。

Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次