【1歳おすすめ絵本】こぐまちゃんおはよう【現役保育士厳選】

【おすすめ絵本徹底レビュー】こぐまちゃんおはよう

目次

作品紹介 

作:わかやま けん  

出版社:こぐま社

発行日:1970/10

値段:¥880

大きさ・ページ数:20×21cm/22p

絵本ナビなら中面をチラ見できます

まるわかりQ&A

「こぐまちゃんおはよう」を一言で表すと?

こぐまちゃんの一日が描かれていて乳児が共感できる絵本!

何系の絵本?

生活習慣系!

ずばり何歳向け?

1歳児向け!

どんな人は買い?

乳児が絵本の世界に入り込み、共感できる絵本を探している人!

あらすじ・ストーリー・内容

子どもの気持ちに寄り添った絵本です。

 「こぐまちゃんおはよう」は、こぐまちゃんの何気ない一日の様子が描かれています。

 朝に起きてまず顔を洗って、歯磨きも自分でします。

 朝ごはんの後は、金魚にもごはんをあげます。

 玩具でいっぱい遊ぶけど、お片付けも自分でしっかりできます。

 トイレとお風呂を済ましたら玩具と一緒におやすみなさい…。

 思い描きやすい描写に思わず自分を重ねてしまう一冊です。

こんな方におすすめ

  1. 生活習慣に関する絵本を探している
  2. 自分の経験から共感できる絵本を探している

目的・ねらい

  1. 一日の生活を思い返し、自分でやってみたいと思う
  2. 自分の姿とこぐまちゃんを重ねようとする

目的・ねらい1 

やりたい気持ちが自然と湧きあがります。

 1歳児になると生活の中でも自分で出来る事が増えてきて、「自分でやりたい」と思うことが多くなります。

 それと同時に気分によっては「やりたくない」という思いも持つことがありますが、「こぐまちゃんおはよう」を見ると「自分でやってみたい」と感じる事が予想されます。

 食事やお片付け、トイレ、お風呂など嫌がる事も多くあるものばかりですが、「こぐまちゃんおはよう」には、それらの習慣がこぐまちゃんと共にどこか温かく描かれているため魅力的に感じる事ができます。

 また、こぐまちゃんはそれらがきっちりとできているので、一種の憧れも抱きながら「自分もできる!」と感じる事ができ、自ら率先して食べたり、排泄するきっかけを作る事ができるでしょう。

目的・ねらい2  

共感への第一歩!

 こぐまちゃんの様子を見て、自分と重ねようとする事ができるのは様々な経験してきたからこそ出来ることです。

 言葉にはできませんが、心で「わかるわかる」と、こぐまちゃんを見ながら感じているでしょう。

 そして、こぐまちゃんに自分を重ねるということは他者になりきるということ。

 他者へのなりきりを通じて相手の気持ちが徐々に分かるようになり、思いやりや共感といった高度な発達に繋がっていきます。

 「こぐまちゃんおはよう」は、そんな思いやり・共感の第一歩となる絵本です。

チェックポイント

対象年齢

1歳児がおすすめです。

 歩けるようになり、行動範囲が広がるだけでなく、体の機能が発達し色々な事ができるようになることで、基本的な生活習慣も少しずつ身についてきます。

 そのような時期にまるでお手本のようなこぐまちゃんの姿を見ることで「自分でやってみたい」「自分ならできる」と感じるでしょう。

時期・季節・行事

イヤイヤ期が始まった頃がいいでしょう。

 第一次反抗期とも言われるイヤイヤ期。早くて1歳半ごろからと言われています。

 自我が芽生えることで「自分でやりたい!」という思いと出来ない現実に子どももストレスを抱える時期です。

 そのような時期に一人で何でもできるこぐまちゃんの姿を見せることで、「やってみよう」と奮起する事が予想されます。

 季節や行事とは関係ないので、子どもの様子を見ながら読む時期を決めましょう。

読むときのポイント

  1. 優しい雰囲気でゆっくり読みましょう
  2. 子どもの反応もよく見ましょう

ポイント1  

どこか温かみが感じられるように読むといいでしょう。

 こぐまちゃんの一日の様子が淡々と描かれている作品ですが、そこにはどこか温かみが感じられます。

 そんな絵本の持つ優しい雰囲気をゆったりと読んだり、抑揚をつけすぎないようにして読むことで伝えるといいでしょう。

 聞き手も安心して見る事ができ、絵本の内容もより伝わります。

ポイント2

聞き手と会話する気持ちで読む!

 「こぐまちゃんおはよう」には子どもが反応を示す要素が散りばめられています。

 例えば朝ごはんの食材、金魚、生き物の玩具、お風呂のクジラなどなど…子どもは思っている以上に絵本の隅々まで見ているものです。

 そんな絵本を見る中で何かを見つけられた事への喜びを読み手に声や身振りで伝える事が多くあるので、子どもの様子をよく見てそれらのサインをしっかりとキャッチしましょう。

 「そうだね」「りんごあったね」「お片付け上手だね」などのやり取りを楽しみながら読むことで、聞き手も最後まで楽しく、安心しながら絵本を楽しむ事ができます。

まとめ・Ryuの感想

温かい雰囲気が心地良い乳児の定番絵本!

 食事、片付け、排泄、睡眠など1歳児から少しずつ身に着けたい生活習慣がぎっしり詰まっています。

 しかし、押しつけがましい躾のような要素はなく、こぐまちゃんがただ生活している様子を温かく見せることで生活習慣の獲得を前向きに捉える事ができる工夫がなされています。

 生活習慣は無理やり教え込むものではなく、自然と身につくものなので「こぐまちゃんおはよう」のような絵本で伝えていればそれでいいと私は考えています。

 読み聞かせの時には0~2歳児の子によく読んでいました。

 特に盛り上がる展開はないのですが、子どもの安心した表情や落ち着いた雰囲気の中での指差しなど、確かな反応があり、絵本を通して子どもとのやり取りを楽しむ事ができました。

 子どもに身近なテーマなだけあって子どもも共感する事ができるのだと思います。

 乳児に是非読みたい一冊です。

Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次