【3歳,4歳おすすめ絵本】おせちのおしょうがつ【現役保育士厳選】

【おすすめ絵本徹底レビュー】おせちのおしょうがつ

目次

作品紹介 

作:ねぎし れいこ

絵:吉田 朋子  

出版社:世界文化社

発行日:2007/11

値段:¥990

大きさ・ページ数:26.5×22.8cm/24p

絵本ナビなら中面をチラ見できます

まるわかりQ&A

「おせちのおしょうがつ」を一言で表すと?

おせち料理の事を学びながら楽しめるお正月に読みたい絵本!

何系の絵本?

行事・季節系!

ずばり何歳向け?

3歳児向け!

どんな人は買い?

お正月に関する伝統を楽しみながら伝えられる絵本を探している人!

あらすじ・内容

物語に沿って楽しくおせちのことを学べます!

 おせち料理たちが重箱に乗って鏡餅の家に遊びに行く物語です。

 重箱の車に乗りながら次々とおせち料理たちを乗せていきます。

 昆布巻き、海老、金団、ごまめ…おせちの定番料理たちが乗り込み、鏡餅のところへ…。

 途中で黒豆が川に流されそうになりますが、みんなで協力して乗り越え、やっとのことで鏡餅の家に到着。

 凧揚げや羽子板、コマなどの正月遊びを楽しんで、最後はみんなでお写真!

 食べ物の名前だけでなく、何故その食べ物が入っているかもしっかり紹介されています。

 お正月に必ず読みたい一冊です。

 

こんな方におすすめ

  1. お正月に読む絵本を探している
  2. おせちに関する絵本を探している

目的・ねらい

  1. お正月の食べ物について知る
  2. 物語を楽しみ、協力する大切さを感じる

目的1 

全部で14個ものお正月に関する食べ物を知ることができます。

 かまぼこ、きんぴらごぼう、かずのこ、だてまきなどのおせち料理に入っているもの以外にもお屠蘇(おとそ)やお雑煮などのお正月に関するものも話の中で登場します。

 また、物語の中でただ食べ物が登場するだけでなく、例えば数の子なら「ぼくは、かずのこ。おめでたい たべものなのさ。 こどものかずが たくさんに なるようにって いう いみがあるんだ。」といったように何故その食べ物が入っているのかの説明が書かれています。

 食べ物の名前を知るだけでなく、その理由も一緒に知ることで、知識となり、一生忘れない財産となるでしょう。

目的2  

おせち料理たちが協力し合う姿が描かれています。

 おとそを乗せることに反対していた黒豆が重箱から落ちてしまいますが、おとそが黒豆を助けようと川に飛び込みます。

 しかし、二人とも流されてしまいます…。

 そこで昆布巻きの帯を使って助けようとしたり、ごまめが泳いで支えたり、金団がお空を飛んだりと、それぞれの良い所を活かし合いおせちたちが助け合う姿が描かれています。

 ストーリー性もある話なので、物語を楽しむことは勿論、こうした助け合いの大切さも感じることができるでしょう。

チェックポイント

対象年齢

3歳児以降がおすすめです。

 おせちというモノを理解するのは乳児には難しいことなので、幼児になってからがいいでしょう。

 また、3歳児にもなると少しずつ友達との関わりも多くなり、助け合う大切さも感じられるようになります。

 そうした時期に合わせても是非読みたいですね。

時期・季節・行事

友達との関わりが活発になってきた時期に読むといいでしょう。

 仲間や助け合いが描かれている作品なので、「おせちのおしょうがつ」を読むことで友達との関わりを通じて友達の大切さが感じられるでしょう。

 季節としては冬のお正月前後。

 保育園・幼稚園では、お正月会や伝承遊び会などがあった時に読むといいでしょう。

読むときのポイント

  1. 場面に応じて読む速さを変えましょう
  2. 料理に指を差しながら読みましょう

ポイント1  

ドキドキ・ワクワクを感じられるように読みましょう。

 ストーリー性、特に黒豆が落ちてしまうときはドキドキを楽しむことができる展開となっています。

 そうした場面の時には、あたかも現実に今起こっていることのように、焦りを感じられるように、速く読むことで、聞き手にもそうした緊張感を伝えることができるでしょう。

 少し難しいかもしれませんが、テレビで実況をしている人を思い出してください。

 実況中継している人を真似することで、絵本の中で今起こっていることを焦りなどと一緒に伝えられるようになります。

 ドキドキの場面が終わった後は、少しゆっくり読むようにし、安心感を伝えるようにしましょう。

ポイント2

どの料理のことを言っているのか分かりやすく読みましょう。

 おせち料理の中には子どもにとって聞きなれないものも多いものです。

 例えば昆布巻きに関する文を読んでいるときには、昆布巻きを指さしながら読むことで、聞き手は「今はこの食べ物のことを話しているんだな」と理解しやすくなります。

 ただ、意識させようとしすぎてずっと指を差していると子どもの意識がそちらに集中してしまい、内容が入ってこない可能性もあるので、指を差す時はさりげなく、サッと行うことで、絵本の内容を邪魔することがなくなるでしょう。

まとめ・Ryuの感想

おせち料理に関する絵本ならこれです!

 おせち料理について伝えたいと思っていたときに出会ったのが「おせちのおしょうがつ」でした。

 おせち料理を紹介するだけでなく、その由来まで書いてあるところが素晴らしく、迷わず購入しました。

 また、大きくないながらもストーリー性があり、最後まで飽きない展開となっているので、楽しみながら自然とおせち料理について触れることができる点もおすすめポイントです。

 私は3歳児からこの絵本を読むようにしていますが、3歳児であってもおせち料理が何なのかを理解するのは初めは難しいものです。

 ですが、何度か読んでいる内に少しずつおせちの名前を覚えることができ、お正月休みが明けたときには「おせち食べた!」「おまめ入ってた!」と嬉しい報告を聞くことができました。

 近頃はおせち料理を食べる家庭も少なくなっていますが、日本の文化としてこれからも伝えていきたいですね。


Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次