【1歳おすすめ絵本】くだものどうぞ【現役保育士厳選】

【おすすめ絵本徹底レビュー】くだものどうぞ

目次

作品紹介 

作:きのした けい

絵:阿部 真由美   

出版社:コクヨ

発行日:2018/6

値段:¥1100

大きさ・ページ数:14.8×14.8cm・P38

まるわかりQ&A

「くだものどうぞ」を一言で表すと?

音が楽しく、仕掛けも楽しい果物いっぱいの絵本!

何系の絵本?

果物・仕掛け系!

ずばり何歳向け?

1歳児向け!

どんな人は買い?

子どもだけでも楽しめる果物の仕掛け絵本を探している人!

あらすじ・内容

音まで気持ち良い!果物の中身までわかる仕掛け絵本です。

 りんご、みかん、いちご、きうい、ばなな、すいか、もも、ぶどう、ぱいなっぷるの9つの果物が登場します。

 「くだものどうぞ」の最大の特徴は、中身までわかってしまうこと。

 果物を切って仕掛けをめくると中身の絵が描かれています。

 また、例えばりんごだったら切った時は”ざくっ” ”ざくざく しゃりしゃり”と、切った時の音まで丁寧に書かれています。

 目でも耳でも楽しめる仕掛け絵本になっています。

こんな方におすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23089434_m-1024x683.jpg
  1. 果物に関連する絵本を探している 
  2. 乳児向けの仕掛け絵本を探している

目的・ねらい

  1. 果物の見た目と名前を一致させる
  2. 果物を食べたいと思い、食べたときの音を楽しむ

目的1 

名前を覚えるのに最適な一冊です。

 子どもって果物大好きですよね。

 折角ならその見た目と名前も一致してほしいと思いたくなります。

 日頃の食事の中でも、大人が声を掛ければ覚えることはできますが、毎日違う種類の果物を出すということも大変です。

 そこで日頃から触れることができる絵本を使うことで、毎日のように果物に触れることができます。

 一緒に読むことで、どれがりんごで、どれがみかんなのか、すぐに覚えて、より果物が好きになるでしょう。

目的2  

果物の断面図まで美味しそうに描かれています。

 「くだものどうぞ」を見ていると果物が食べたくなってしまいます。

 断面図まで丁寧に描かれているので、より食べたいと思ってしまいますし、何より切った音まで書かれているので、食べているときの食感ことがイメージしやすいのです。

 実際に果物を食べたときに、この絵本に書かれている音と実際の音を比べたくなってしまうでしょう。

チェックポイント

対象年齢

0,1歳がおすすめです。

 文の量や絵本の構成などを考えると、乳児向けの絵本となっています。

 仕掛けもあるので、子どもが一人で読んでいても飽きることなく楽しむことができます。

 人にとって必要不可欠な”食べること”に対して、関心を持てるようになります。

 食に興味を示すことは、食育の第一歩です。 

時期・季節・行事

果物を食べ始めるようになった頃がいいでしょう。

 離乳食の初期(5~6か月)頃からでも楽しめると思います。

 固形物を食べ始めた頃に合わせて読むことで、食への関心が高まることが期待できます。

 季節や行事感は特にないので、子どもの食の様子を見ながら適切な時期を見極めましょう。

読むときのポイント

  1. 食べている真似をして、一緒に食べている気持ちを共有しましょう 
  2. 聞き手にも仕掛けをめくらせてあげましょう

ポイント1  

乳児期には気持ちの共有が大切です。

 身近にいる大人との気持ちの共有は乳幼児期、特に乳児期の子にとってかけがえのない体験です。

 絵本を通じても同じことが言えます。

 折角食べる所まで丁寧に描かれている絵本なので、一緒に食べる真似をして「りんごだね」「美味しいね」「しゃりしゃりだね」などの気持ちを声に出して共有しましょう。

 ただ単に読むよりもずっと心が近づくはずです。

ポイント2

主体的・能動的に楽しめるように工夫しましょう。

 絵本を壊されたくないからと言って、大人だけが触り、管理するのは子どもの貴重な学びの機会を奪ってしまうことに繋がります。

 仕掛けを聞き手にも触らせてあげることで、より楽しむことができますし、もし仮に壊してしまったとしてもそこから”大切に使わないと壊れるんだ”と学ぶことができます。

 文字は読み手が読んで、仕掛け部分は聞き手がめくる、という具合にしても楽しいでしょう。

まとめ・Ryuの感想

音の表現が斬新!子どもだけでも楽しむことができる絵本です。

 初めて見たときに果物の切る音が独特なことにくすっとしてしまいました。

 キウイは”しゅりしゅり たんたん” パイナップルは”ずばずば ざくざく”

 妙にリアルで面白いと感じてしまいました。

 でも、そこがこの絵本の特徴で、いいところなんだと思います。

 また、仕掛けをめくったところに断面図が描かれているのも素敵で、本当に切っている感覚が味わえます。

 実際に読み聞かせをするときも、子どもの反応もよく、5歳児ですら仕掛けをめくってみたいと手をあげていました!

 紙も厚い紙で作られているので、乳児が一人で読むことにも適している点もポイントが高いです。


Ryu

記事を書く励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

絵本の良さを広めよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

RyuのSNS

目次